TOPに戻る

レギュラトリーサイエンス エキスパート認定制度の概要


○レギュラトリーサイエンス エキスパート認定者の声

2017.02.20 現在の認定者数は1,093名(内訳:MA 453名、開発 171名、PV 149名、品質 196名、薬害教育 124名)です。

2016.10.24 2016年度のエキスパート認定試験結果を掲載いたしました。詳細はこちらをご覧ください。


レギュラトリーサイエンス エキスパート認定制度の概要

  レギュラトリーサイエンス エキスパート研修会を受講し、認定試験等により研修実績を客観的に認定することで個人のモチベーションを高め、継続的なスキルアップを図る制度です。
  認定は、この研修会を継続的に受講し、最新の情報や知識を修得したことを証明するものです。

まず 登録者になる
以下のいずれかの条件を満たし、登録申請を行ってください。
  当該分野のレギュラトリーサイエンス エキスパート研修会 認定コースを受講
  レギュラトリーサイエンス エキスパート研修会受講者で、過去2年度以内に当該分野の登録単位を6単位以上取得
  当該分野について企業・行政機関等の実務経験2年以上 (実務経験1年の方は、登録単位3単位取得で充当できます)
指定の口座へ登録料をお振り込みいただき、登録手続き完了です。
登録料 一般(大学院生等以外) 10,000円 大学院生等 5,000円
登録の特典 1. 登録証の発行
2. 対象分野の研修会 専門コース(ICH以外)の受講料割引
3. 当財団月刊誌の無料配布
4. 薬害教育分野のみ薬害教育資材の購入価格割引

つぎに 認定者になる
MA分野の場合、開発、PV、品質分野の場合と、薬害教育分野の場合で異なります。
○MA分野の場合
  以下のすべての条件を満たし、認定申請を行ってください。その後認定試験に合格した方をエキスパート認定いたします。
    当該分野登録者
    当該分野のレギュラトリーサイエンス エキスパート研修会 認定コースを受講
○開発、PV、品質分野の場合
  以下のすべての条件を満たし、認定申請を行ってください。その後認定試験に合格した方をエキスパート認定いたします。
    当該分野登録者
    当該分野のレギュラトリーサイエンス エキスパート研修会 認定コースを受講、または認定申請前3年度以内に当該分野のレギュラトリーサイエンス エキスパート研修会 専門コースで認定単位6単位以上取得
○薬害教育分野の場合
  以下のすべての条件を満たし、認定申請を行ってください。その後認定試験に合格した方をエキスパート認定いたします。
    薬害教育分野登録者
    薬害教育エキスパート研修講座(認定コース)を受講
認定の特典 1. 認定証(IDカードサイズのものを含む)の発行
2. 認定更新時に研修会無料チケット進呈

そして 認定を継続する(2年毎に更新)
MA、開発、PV、品質分野の場合と、薬害教育分野の場合で異なります。
○MA、開発、PV、品質分野の場合
  以下のすべての条件を満たし、認定更新申請を行ってください。審査に合格した方が認定更新できます。
    当該分野登録者
    当該分野に関するレポート等を提出し、所定の審査に合格
○薬害教育分野の場合
  薬害教育分野登録者である他に以下のいずれかの条件を満たし、認定更新申請を行ってください。審査に合格した方が認定更新できます。
    認定期間内に、薬害教育エキスパート研修講座(認定コース)を受講
    企業や学校・大学等における薬害教育の実践
    薬害教育に関するレポート等を提出し、所定の審査に合格
※登録は毎年度更新が必要です。登録料の納入確認により登録更新が完了します。
※レギュラトリーサイエンス エキスパート研修会 認定コース受講者には、当該研修会にて登録申請用紙・認定申請用紙を配布いたします。詳細は研修会当日にご案内いたします。
※レギュラトリーサイエンス エキスパート研修会 認定コース受講の予定がない場合は、オンラインにて登録・認定申請をしてください。
取得した個人情報は、認定制度の業務にかかわる連絡・確認及び当財団事業のご案内等以外には利用いたしません。