TOPに戻る

レギュラトリーサイエンス研究報告

   当財団では優れた医薬品医療機器を通じて国民医療の向上に貢献する事業の一環として、レギュラトリーサイエンスに係る調査研究を行っています。2010年度から2015年度に実施した「日本の医薬品開発における患者団体の関わりについて」の研究は終了しました。

研究報告書

2010年度
医薬品開発における患者団体との協働について-欧米における患者団体の活動調査報告-
2011~12年度
医薬品開発におけるアジアの患者団体の関与-アジア各国の患者団体の活動調査報告-
2014~15年度
日本の医薬品開発における患者団体の関わりについて

最終更新: 2016/06/14