■ HOME


● MedDRA/Jとは
MedDRAは医薬品規制調和国際会議(ICH)の専門家ワーキンググループ(EWG)で開発され、ICHとして合意された、英語をベースとした医学用語集です。現在、欧米での医薬品規制において広く利用されています。
「ICH国際医薬用語集日本語版(MedDRA/J)」は英語版のMedDRAに日本語を付加した用語集で、日本国内でも医薬品規制の場で広く利用されています。

このMedDRAはMSSO(Maintenance and Support Services Organization)によって国際的に維持管理されており、JMO(Japanese Maintenance Organization)はMSSOのパートナーとしてMedDRA用語の国際的な維持管理に協力しています。また、JMOは日本語関係のメンテナンスと日本国内でのMedDRA/Jの利用促進および情報提供を担うとともに、MedDRAの利用権を管理しているMSSOと契約し、日本国内におけるMedDRA/Jの配布権を一任されています。

MedDRA/Jに関するお問い合わせはこちらをご参照下さい。

● MedDRA/Jオープンセミナーについて
JMOでは、MedDRA/Jについて関心をお持ちの方(医療、教育、研究関係者)を対象に無償セミナーを開催しております。次回開催のセミナー案内をご希望される方は、ご所属、ご氏名、メールアドレスをJMOまでご連絡ください。
2012年11月に開催した「オープンセミナー」の説明資料はこちらから入手いただけます。MedDRA/Jのご理解にご活用ください。


● What's New
2017/10/17MedDRA/Jバージョンアップ説明会(20.1)のスライド
2017/10/01日本語シノニムバージョン20.1対応版
△